社会福祉法人ふたば会 富丘保育園
TOP  保育園の紹介  年間行事予定  保育園の一日  情報公開  事業報告及び財務諸表

 事業報告及び財務諸表
    
 

 ■ 平成27年度 富丘保育園事業報告

  収容定員 120名
   年度末児童数

年 令
人員 11 17 19 24 24 22 117
年間延べ人員 79 205 208 294 288 263 1,337

職 員 (1) 常 勤: 園長1、主任保育士1、保育士15、調理員1、栄養士1 計19名  
  (2) 非常勤: 保育士補助4 計 4名  
  (3) 嘱託医: 内科1、歯科1 計 2名  
    講 師: 絵画造形1、音楽1 計 2名  


勤務時間 (1) 4月1日を起算日とする1年単位の変形労働時間制とする。
  (2) 1日の労働時間は7時間45分とし、1週間の労働時間は46時間30分を超えないものとする。


  保育日数及び勤務日数

10 11 12
保育日数 25 23 26 26 26 23 26 23 23 22 24 26 293
休園日数 73
勤務日数 23 21 23 24 22 21 24 22 22 21 22 23 268
職員休務 25


開所日・開所時間及び休所日
 

開所日

月曜日〜土曜日
  閉所日 年末年始(12月29日〜1月4日)
  開所時間(平日)/(土曜日) 7:00〜19:00/7:00〜15:00
  保育標準時間における利用時間 7:00〜18:00
  保育短時間における利用時間 8:30〜16:30
  延長保育時間(標準時間) 18:00〜19:00
  延長保育時間(短時間) 7:00〜8:30/16:30〜19:00


休園日 (1) 日曜日、国民の祝日及び休日
  (2) 年末年始(12月29日〜1月4日)
  (3)官公庁より公示された日、及び園長が特別必要と認めた日


職員休務日数 (1) 日曜日・52日  祝日及び休日・21日 ・・・・・・・・73日
  (2) 休務日 休務予定カレンダーによる ・・・・・・・・・・・25日


保育目標

  富丘保育園は保護者の労働条件や疾病等の環境条件から子どもの養育に不十分と思われる乳幼児に
  対して、それぞれの子どもが安心して生活できるように養護と教育が一体となって豊かな人間性を
  持った子どもを育成することを目標とする。
  (1)児童の欲求を適切に満たし、情緒の安定を図る
   (2) 健康・安全など生活に必要な習慣や態度を養い、心身の健康の基礎を培う
  (3)集団の中で生き生きとし、仲間を大切にすると共に、自発性を持ち自分の生活が処理できる
     力を養う
   (4) 動物飼育、植物飼育をとおして、自然への興味を持たせ豊かな心や考えを深めさせる

   (5) いろいろな体験をすることによって、豊かな感性と創造性の芽生えを培う


  特別保育事業の実施

   (1) 保育時間の延長
      開所時間 7:00〜19:00 12時間保育

   (2) 世代間の交流事業
     ・陶芸教室・・・・・年間2回講師の指導により製作する(6月・11月)
     ・観劇・・・・・・・・劇団を紹聘し、園児とともに楽しむ(1回)
     ・園芸、農労作・・・花壇造園及び畑作を行い収穫を楽しむ
     
   (3) 異年齢児交流事業
     ・夏祭り − 姉妹園と合同での納涼祭を地域の人々を交えて楽しむ(7月24日リーチェル祭り)
     ・
富丘小学校児童との交流会の実施
      (幼保小連携活動 7月9日、11月2日、11月12日、1月26日 年間計4回)
     ・園行事参加の招待を行い音楽や遊戯、舞踏劇を楽しむ(クリスマス音楽会、春の発表会)

   (4) 育児講座、育児と仕事両立支援事業
     ・親子陶芸教室・親子絵画教室・・・年2回講師の指導で作品作りをとおして親子とふれあいを
      楽しみ、子育ての楽しさを味わう話を聞く
     ・クリスマス音楽会や春の発表会・・・音楽や遊戯などの表現活動を通して、成長していく
      子どもたちの姿を見て、子育ての大切さについての話をきく(12月・2月)


  現業管理を充実する

    ・各保育室の環境改善
    ・保育室机全体研磨塗装及び脚切り
    ・樹木消毒・剪定
    ・LED電灯設置(本園舎、給食室)




*平成27年度 総括表
*平成27年度 現況報告書
*平成27年度 貸借対照表
*平成27年度 資金収支計算書
*平成27年度 事業活動計算書
*財務諸表による注記







Copyright (C) TOMIOKA HOIKUEN All rights reserved.